毛抜きの自己処理は肌に非常に悪いので、電気シェーバーを使おう

ムダ毛処理がエチケットの1つだと考えられている現代では、脱毛処理を行っている女性が大半になりました。

どれだけファッションや髪形に力を入れていても、きちんとムダ毛処理ができていなければ見る側としても幻滅してしまいますし、自分としてもムダ毛ばかりが気になってしまって、ファッションを楽しむどころかネガティブな気分になってしまいますよね。

しかし、間違った方法で自己処理を行ってしまいますとお肌をキレイにするどころかかえって肌を傷つけてしまうことになりかねません。

例えば、自己処理の際にいちばん多く用いられているカミソリを使った脱毛は、直接肌に刃を当てて脱毛を行いますので、ムダ毛だけでなく皮膚組織まで剃り落してしまうことになり、カミソリ負けや炎症・湿疹など様々なトラブルに繋がる恐れがあるほか、カミソリの刃が当たったお肌は乾燥してガサガサのお肌になってしまいます。

他には、自己処理の方法として最も適していない毛抜きを用いた脱毛では、せっかく生えた成長期の毛を無理やり引っこ抜くことになり、毛穴に大きなダメージを与えてしまいますので、傷ついた毛穴から雑菌感染を起こしてしまう恐れがあります。

また、万が一脱毛サロンで脱毛を受けている最中の自己処理として毛抜きを使用してしまいますと、脱毛サロンの光脱毛は黒い毛にしか反応をしない為に、毛根が抜けてない状態で脱毛を受けに行っても、なんの効果も得ることができませんので、無理やり毛抜きで引っこ抜いて一時期的に毛がなくなってもまたすぐそこから毛が生えてきてしまいます。

ですから、脱毛サロン通いをしている際の毛抜きの使用は厳禁なのです。

安全に自己処理をしたい、という場合には肌に刃を当てるわけでもなく、毛を無理やり引っこ抜くわけでもない電気シェーバーをおススメします。

これは、毛根を傷つけることもありませんし、肌に影響を与えることもありませんので、安心に脱毛をすることができますよ。

電気シェーバーは安価で手に入れることができますし、場所を選びませんので手軽に安全に行える自己処理法だと言えるでしょう。

アンダーヘア―の処理を線香で行うのは非常に危険!

ムダ毛処理の中でも厄介なのがアンダーヘアのお手入れですよね。

水着や下着からはみ出る毛を1本1本引き抜いて処理するのは、とっても痛いし大変です。

デリケートな部分になりますので、肌を傷めるような毛抜きでの自己処理は埋没毛や色素沈着などの原因にもなります。

ではハサミやカミソリで切ったり剃ったりするのはどうでしょうか。

自己処理による痛みはないものの、手元が狂えば怪我をする可能性はあります。

Vゾーンはともかくとして、IOラインに関しては自分で処理するのは限りなく難しくなってきます。

また、切った後の毛の先端が鋭利になりますので、どうしてもちくちくしますし下着からも飛び出てしまいます。

中には線香を使ってアンダーヘアを焼き切るという方法を取っている人もいるようです。

毛を焼き切るので先端は丸くなり、チクチクした痛みはなくなるかもしれません。

しかし問題がいくつかあります。

まずは火傷の危険性があるということです。

線香の使う角度にもよりますが、灰が落ちたり、火種が落ちれば火傷したり梶になる危険もあります。

無理な姿勢で行うことになるので、線香自体の取り扱いにも注意が必要です。

またタンパク質の固まりである毛を焼くので、どうしても臭いがします。

線香自体の臭いもそうですが、毛が焼け焦げた臭いがしばらくはアンダーヘアからも取れません。

チリチリになったアンダーヘアのせいで、かゆみが出てしまうこともあり、おススメできる方法ではありません。

自宅でアンダーヘアを処理するなら、専用のヒートカッターを使うべきだと思います。

先端のクシの間に毛を入れて、クシ内部の熱線で焼き切りますがほんのり温かいくらいで火傷の心配もありません。

手軽に持ち運べるペンタイプものから、パワーの強いタイプまで色々あり、線香などを使うよりも安全に早く処理可能です。

ただし毛の根元から処理できるわけではないので、定期的なお手入れは必要になってきます。

面倒なアンダーヘアのお手入れから解放されるためには、やはり脱毛サロンを利用するのがよいでしょう。

間違ったお手入れで怪我をする前に、ちゃんとしたものでアンダーヘアの処理をしてくださいね!

ワックスや脱毛テープでの脱毛は即効性はいいけど、肌を傷めるので駄目!

ムダ毛処理を行っている人は、毎日のお手入れに手間がかかってしょうがないと思っていませんか。

毛抜きで1本1本引き抜いていくのも大変ですし、カミソリも場所によっては使いづらく怪我をすることもあります。

即効性の高いお手入れ方法としては、ワックスや脱毛テープがあります。

自己処理したい場所にワックスを塗って、固まったところを引き剥がすことにより一気にムダ毛を取り除けます。

確かに簡単で処理スピードは速いのですが、少なからずお肌を傷めるので良い方法ではありません。

ムダ毛を処理する時に毛根ごと引き抜く方法は、毛穴とその周りの組織を傷つける可能性が高いのです。

Vラインの除毛で人気のブラジリアンワックスなどもありますが、ワックスの固まり具合や剥がし方にも技術があるのです。

あれはプロならではの技術で、出来るだけ肌を傷めないように慎重に行われています。

ブラジリアンワックスで何ともなかったから、自分でやっても大丈夫と思っているとヒドイ目に合うかもしれません。

毛抜きでもそうですが、傷めつけた毛穴が化膿して「毛嚢炎」という炎症を起こすこともあります。

ワックスや脱毛テープなども同じように毛穴を傷めます。

さらに一緒にお肌の角質まではぎ取ってしまうので、炎症を起こした場合はよりヒドイ状態になります。

ワックスや脱毛テープはあくまで一時的な、応急的な処理として、時間がない時だけに行う手段にとどめておく方が賢明でしょう。

少しでも症状を起こさないようにするためには、自己処理をした後に保湿ケアを十分に行うことです。

傷めた肌と毛穴に潤いを与えて、回復を早めることが自己処理によるダメージを少なくするのです。

また保湿剤にはエタノールの入った化粧水を使うと、傷口の消毒にもなって効果的です。

自己処理した後は保湿ケアを忘れないようにしてください。

間違った自己処理は、続けていると肌に取り返しのつかないダメージを与えてしまいます。

後で後悔しない為にも、適切な方法で処理を行い十分なケアをしてあげましょう。

生理開始年齢から脱毛が可能になるサロンがほとんどです

脱毛サロンも手軽になってきて、学生でも無理ない金額で脱毛できるようになってきました。

月額制の脱毛サロンなどでは1万円を切っているところもあり、軽くバイトをしていれば十分に払えるくらいの金額です。

思春期の女性にとってムダ毛の悩みは大きなことだと思います。

インターネットの普及で若いうちから過度の情報に接しているので、ムダ毛に対する意識も低年齢化が進んでいます。

成長が早い子供がイジメられるということもあり、子供のうちに脱毛をさせる親もいるようです。

また子供自身悩んでいても、恥ずかしいので親にもなかなか言い出せないという場合もあるでしょう。

出来れば自分で脱毛サロンに通って、知られないうちにキレイにしてしまいたいと考えるかも知れません。

しかしたいていの脱毛サロンには年齢制限が設定されています。

15歳以上の高校生からとしているところが多く、それ以下の子供は受け付けていません。

また生理がちゃんとした周期できているかどうかも確認されます。

なぜ年齢や生理が関係しているかというと、これにはちゃんと理由があります。

脱毛に使用する脱毛装置はレーザーを使用し、毛根細胞を破壊する方法で毛を生えないようにしています。

体毛に含まれるメラニン色素に効果を及ぼす特殊なレーザーなので、皮膚に対してはほとんどダメージを与えません。

しかし、毛穴周辺は非常に高熱となってしまうので、肌が敏感な人は肌荒れや炎症を起こすこともあるのです。

その日の体調次第でも影響の大きさが変わるのですが、何よりも大きな影響を与えるのがホルモンバランスだと言われています。

生理が始まって間もない成長期の体は、ホルモンバランスが安定しておらずちょっとしたことで変化を起こします。

そんな時に脱毛をすると、急に過敏な反応を起こして肌荒れを起こしたり、傷を残すことにもなりかねないのです。

脱毛サロンでは安全に脱毛を行うために、年齢制限や生理の状況を確認しているのです。

では子供は絶対に脱毛できないのかというとそうではありません。

最近になって肌に優しい脱毛方法が開発され、小さな子供でも受けられる脱毛が出来ています。

学生であれば学割も効くのでお得に脱毛できますが、未成年は保護者の同意書がないと脱毛できませんので、親に内緒という訳には行きません。

もしムダ毛のことで悩んでいるのなら、親に正直に話して脱毛サロンに相談に行ってみてくださいね!

未成年が脱毛サロンで脱毛する場合は親の同意書が必要です

子供たちの間でイジメの対象になるきっかけは、ほんの些細なことだったりします。

誰もが成長すれば当たり前になるようなことでも、成長にバラつきのあるうちはからかう対象になってしまいます。

ムダ毛に関してもそうではないでしょうか。

生える時期も生える量も個人差があって、早熟な子供はとても恥ずかしい思いをすることになります。

大きくなれば当たり前のことでも、子供にとっては一大事ということもあります。

まだちゃんとした自己処理の仕方を学ばないうちから、自分でハサミやカミソリを持ち出して怪我でもしたら目も当てられません。

ムダ毛の手入れについては、きちんと教育しなければいけないことなのではないでしょうか。

ムダ毛の手入れはきちんとやろうと思うと大変です。

体毛が濃い人は毎日やってもキリがないくらい時間がかかると思います。

また、意外とちゃんとした自己処理方法を知らない人もいて、肌にダメージを蓄積している場合もあるのです。

色素沈着や埋没毛といった、間違った自己処理の結果発生する症状は、逆にからかわれる対象になってしまいます。

キレイにムダ毛を処理して、毎日のお手入れにも煩わされたくないという人は、やはり脱毛サロンへ通うべきです。

プロに任せて脱毛してしまえば、そうした悩みからも解放されますし、肌のダメージを蓄積することもありません。

子供だからこそ、この先の苦労をなくすためにも今のうちに脱毛する方が良いのではないでしょうか。

でも子供が脱毛なんて出来るの?と疑問をお持ちかもしれません。

昔は確かに出来ませんでしたが、今では肌に優しい脱毛方法が開発されているので、3歳の子供でも脱毛が可能なのです。

ただし未成年の脱毛には親の同意書が必要です。

また子供の意思を無視して脱毛するのも、将来に禍根を残す原因になります。

未成年が脱毛するのであれば、親子で良く話し合って納得してから行いましょう。

親子でお得になるペア割という制度もあるので、一緒にサロンへ通うのも良いでしょう。

未成年でも脱毛は可能です。

ムダ毛のことで深く悩む前に、一度親御さんと話し合ってみてくださいね!